MENU

クリニック選びは慎重に

増大や包茎など、ペニスの手術を受ける時のクリニック選びは慎重に行いましょう。
実際に手術した人の意見は「複数のクリニックにカウンセリングに行くべき」というものが多いです。
少し面倒ですが、大事な体の一部なので安心して任せられる所を選びましょう。

 

ほとんどのクリニックは無料のメール相談やカウンセリングを行っています。
実際に来院し、患者、医師、看護師、クリニックの雰囲気を直に感じるのも大切です。
カウンセリングでは費用の話に気が行きがちですが、雰囲気を見定める方が大事です。
カウンセリングはそこそこに、すぐに施術を勧める所はオススメ出来ません。

 

包茎手術は泌尿器科でも出来て選択の幅が広いですが、増大手術をしているクリニックはとても少ないです。
泌尿器科での包茎手術は痛かったり綺麗に仕上がらなかったりして、結局、別のクリニックで修正手術をするケースが多いです。
その場合、実績があって修正手術を多く行っているクリニックがオススメです。

 

ネットの口コミも参考にしましょう。
ABCクリニックは全国展開しているペニス治療専門のクリニックで、実績があって評判も良いです。

3つの増大手術のメリット

ペニス増大手術を受けた男性の体験談からメリットをご紹介します。

 

○亀頭増大手術、○陰茎増大手術

●亀頭が大きくなり、見た目のコンプレックスがなくなる。
●先細りペニスじゃなくなる。
●女性の感度がアップ。
●早漏気味の人は持ちが良くなる。

 

メリットはほぼ同じですが、陰茎増大手術の方が陰茎がより大きく見えます。

 

○長茎増大手術

●ペニスが長くなって短小を解消。
●ペニスが埋もれなくなる。
●見た目のコンプレックスがなくなる。
●軽い仮性包茎だと改善が見られる。

 

見た目を良くしてコンプレックスを解消出来る点は上の2つと同じです。

 

これら3つの増大手術をすると自分に自信がつき、堂々としていられます。
セックスでも積極的になれます。
寒い時期の辛い縮こまりもなくなります。

増大手術のデメリットは?

ペニス増大手術の経験者の体験談から、亀頭増大手術、陰茎増大手術、長茎増大手術のデメリットをご紹介します。

 

○亀頭増大手術、陰茎増大手術
●1〜2年で戻り、費用対効果が薄い。
ただし最近は注入剤の種類が増え、良い物が出回って持ちが良くなった。

 

○長茎増大手術
●誰もが受けられる訳ではない。
●メスを入れるのでリスクがある。
ただし最近はメスを使わない長茎術もある。
●費用が高い。

 

亀頭増大手術と陰茎増大手術は手軽で費用も安いです。
コラーゲン、ヒアルロン酸、自分の脂肪などを注射で注入します。

 

長茎増大手術は、体の中に埋まっている陰茎を外に出す為にメスを使います。
少し怖いですが、最近はメスを使わない長茎術もあります。

 

ペニス増大手術を受けたいなら、まずは無料カウンセリングで相談してみましょう。
今はメール相談などもあってとても便利です。

健康関連リンク

ペニス増大サプリメントが近年インターネットで売れているようです。 サプリメーカーが多く、どのペニス増大サプリを選んでよいのかわからない という方のために私のペニス増大サプリメント体験から比較してみました。